開業時に銀行からの融資

開業を意気込み、最初に躓くのが資金の不足でしょう。

事業資金を融資してもらうまでの、会社選びについてです。
大切な資金、それも高額な額を借り入れる訳ですので、適切な銀行を見つけたいですよね。

しかし、どの銀行も融資をしてくれるかというと、もちろんそう簡単にもいきません。
例えば、一番私たちに身近な都市・地方銀行は、まだ開業していない事業者に対する審査は非常に厳しいです。
個人事業主にあたる人であれば、最初に候補から外しておいていいでしょう。

低金利でお勧めなのが、政府がおこなっている政府系金融機関です。
まあ国がつくった銀行といったような感じのところが日本政策金融公庫になります。

政府の政策と合っている企業ならば、事業資金を低金利で融資を受けることができます。
政策と合っている企業、と書きましたが、ほぼ全ての企業が説明次第でこの政策にあわせる事ができるでしょう。

政府系金融機関からの融資は正確に言うと2つに分けることができます。
日本政策金融公庫と中小企業金融公庫です。

これから開業するという個人事業主様は日本政策金融公庫を選択する事が一番良いという訳です。

日本政策金融公庫で最も一般的な制度は、個人事業主全てが対象で、
4800万円の融資が得られる制度です。
金利も2%程度なので非常に借り入れしやすいです。

もし日本政策金融金庫での審査が通らなかった場合、民間の銀行で、それも信用保証協会付きで審査をしてもらいましょう。
民間の銀行は政府系金融機関と比べて金利が高く、担保や保証人が必要だったりと条件が劣りますが、条件がそろったら日本政策金融公庫の融資よりも審査が通りやすいです。

金利は月によっても変動します。
また、担保の額でも金利は大きく変わるため、あらかじめ確認しておきましょう。

民間の金融機関は都市銀行、地方銀行以外の最も有名で身近な信用金庫か信用組合を利用しましょう。
事前の書類や面接次第では民間の銀行でも保証人や担保の額を減らして融資申込ことができます。

以上の事をまとめると、事業資金の融資制度は様々な金融会社にありますが、個人事業主であれば手順は決まっているという事です。

まずは日本政策金融公庫をあたる。審査が通らなければ一番有名な民間の銀行をあたる。という事です。

きちんと開業後のプロセスが通っていれば、ほぼ全ての企業がどちらかの金融機関(政府系か銀行)からは融資を受けることができるはずです。”

 ” 開業時に銀行からの融資
 ” 開業時に銀行からの融資電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 開業時に銀行からの融資
” 開業時に銀行からの融資 ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top