銀行から融資を受けて事業を始める

“これから事業を始めようとするときに、自前で十分な資金を用意できれば、それに越したことはありません。

これなら、返済の必要も利子の上乗せもないからです。

しかし、事業に必要な資金の額は少なくないので、その準備には時間のかかるものです。

一方で、事業自体が軌道に乗れば、その事業収入に対する資金の割合は、それほど大きなものではありません。

そこで、自前で十分な資金を準備できない場合でも、よそからの融資、たとえば銀行融資を受けるなどして事業を始めてしまう方が得策であると考えられるのです。

一般的に、事業資金の融資に関しては、その貸し手として銀行などの金融機関を設定することになります。

貸し手側としては、融資の返済に関して利子による利益を得るわけですから、貸し手側の事業として、積極的に貸し出しを行うものです。

しかし、このような貸し出しと返済のシステムにおいて、借り手側が経済的に破綻してしまっては元も子もありません。

破産、もしくは民事再生などの手続きに移行されると、返済額が減少したり、貸し出し自体が抹消される恐れがあるからです。

そこで、銀行の融資に関しては厳格な審査が行われるのです。

上で述べたような背景から、この審査に関しては、新規事業の安定性が特に重視されます。どんなに多くの収益が期待されるとしても、事業自体が不安定なものでは、銀行融資の対象としてふさわしくないと判断されてしまうのです。

そこで、このような審査を通過するための最も重要なポイントは、新規事業の安定性をアピールするということなのです。

もちろん、これから始まる事業ですから、実績を強調することは出来ず、ある程度の予想が混入することは避けられません。ですが、このような予測に関しては、主観的な展望にとどまるのではなく、客観的な根拠に基づくことが大切です。

具体的には、すでに活動している事業との連携や、事業の準備としての流通や商品確保のシステムなど、確立している部分を明確に提示することです。

このような既存の根拠についても、その数が多ければよいというものではありません。

たとえば、既存の事業との連携に関して、その連携の太さや安定性が求められることは言うまでもないことなのです。”

 ” 銀行から融資を受けて事業を始める
 ” 銀行から融資を受けて事業を始める電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 銀行から融資を受けて事業を始める
” 銀行から融資を受けて事業を始める ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top