事業資金の融資が成功する資金繰り表

「銀行融資の審査基準とは」のページはこちらをクリック
「初めての面接で必ず聞かれる7つ」のページはこちらをクリック
「信用保証協会へは直接行くべきか?制度融資と提携融資」のページはこちらをクリック
「信用保証協会の融資を成功させるには」のページはこちらをクリック

 

中小企業では殆ど資金繰表が作られていないのが実態です。
その理由は作り方がわからないからというのが大半です。事業融資を受ける際に銀行などから依頼を受けて作らざるを得ない時は税理士に丸投げされるケースもしばしば。

本当に難しいものでしょうか。表自体が見慣れてくると、小学生の時につけた小遣い帳みたいな感覚で作れるものです。資金繰り表といっても結局はお金の出入りを書くだけなので。

凝りだせば経営計画書や予算書を作ってなどなりますが、最初からそんな風に入ると嫌になりますから、一般的な表を使ってまずわかるものから埋めていくと作り方がわかってきます。

私がいつも依頼する書式をここで紹介できればいいのですが、パソコンのスキル上できないため、必要な方がいれば個別にお送り致します。

最初はいろいろと難しく感じますが、最初に押さえるべきは月初・月末の資金残高です。

資金残高といっても、現金+普通預金+当座預金の合計です。定期性の預金は出し入れが簡単で自由に使えるお金ではないのでココではいれません。

資金残高さえ押さえれば、半分くらいできたようなものです。
あとはお金の出入りを、営業関係で発生したものか、それ以外(借入金など)で発生したものかによつて
区分けして、所定の表に入れていけば、少なくとも実績分はできあがりです。

次に収入は二つに分けなければなりませんね。分け方としては、営業で稼いだものと、そうでないもの分野で稼いだものです。

営業で稼いだものとしては、売上で稼いだもので、とりあえずは現金、振込、手形であろうと回収できたものはそれぞれ分けて整理集計しましょう。ほかに営業で稼いだものとしては前受金などもそのグループにいれましょう。

営業以外で稼いだものとしては借入金の調達(借入)、定期預金の取り崩し、有価証券の売却代金、土地など不動産の売却代金、保険解約返戻金などが入りま す。見てもらうとわかるんですが、本来の営業活動以外のもので、毎月発生しないものと思ってもらえればわかりよいでしょう。

事業融資を受けるために、これであと少しでできます。次は支出ですね。

 

「銀行融資の審査基準とは」のページはこちらをクリック
「初めての面接で必ず聞かれる7つ」のページはこちらをクリック
「信用保証協会へは直接行くべきか?制度融資と提携融資」のページはこちらをクリック
「信用保証協会の融資を成功させるには」のページはこちらをクリック

 

 ” 事業資金の融資が成功する資金繰り表
 ” 事業資金の融資が成功する資金繰り表電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 事業資金の融資が成功する資金繰り表
” 事業資金の融資が成功する資金繰り表 ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

東京|大阪|神奈川|埼玉|千葉|愛知|等々の全国の事業資金の借入のご相談

Top