銀行からみた企業の格付けとは?

line713brown

銀行の格付の要素

 

以下のような順番で決定していきます

■格付けの要素

金融機関からみた企業の格付は、「定量要因」と「定性要因」の2つの要素によって決定します。

■定量要因(財務評価)・・・コンピュータに決算書の数字をすべて入力して、財務状況

の分析をさせて評点をつける

[1]安全性   [2]収益性  [3]成長性  [4]返済能力

■定性要因(非財務評価)・・・通常点数では表現しにくいもの

[1]業歴  [2]経営者・経営方針  [3個人資産  [4]市場動向

などなどなんですが、

その他銀行によって含まれる定性的要因のもの

[5]シェア  [6]業歴  [7]経営基盤 [8]競争力 [9]研究開発力 [10]含み資産の有無 [11]経営者の能力、資質  [12]経営方針  [13]経営者の個人資産力  [14]後継者の有無―

これらの定性要因は、銀行等の担当者の主観でポイント化します。銀行によっても項目が違うし、担当者の主観ですからてんでバラバラっていう感じですね。

ちなみに

定量評価      定性評価

メガバンク      100           0

地方銀行       75           25

信用金庫       60           40

line713brown

 

 銀行の格付の流れ

 

定量要因(決算書の数字)を 基本的にはそのまま コンピュータに入れる

定性要因を無理やり点数化してコンピュータに入れる

6つのランクのうちどれに入るかが自動的に出てくる

 

というような感じで、6段階のどこにランク付けるのか、という評価の最終決定をします。

先ほどから通信簿のように1から6までの6ランクありますよ、というお話をさせていただきました。

では具体的にその6段階というのはどういうものか、というのが次に出てきます。

 

銀行からみた企業の格付

① 6つの格付(金融庁ガイドライン)

・正常先

業績は良好であり、かつ財務内容に特段の問題がないと認められる企業

・要注意先

業績低迷、あるいは借入金の返済の延滞があって今後に注意を要する企業

・要管理先

要注意先の中で3か月以上の延滞、あるいは返済条件緩和を銀行に依頼してもらっている企業

・破綻懸念先

現在破綻の状況にはないが今後破綻が懸念される企業

・実質破綻先

法的、形式的には破綻ではないが、実質破綻している企業

・破綻先

法的に破綻している企業

(つづく)

line713brown

融資サポート料金01

 ” 銀行からみた企業の格付けとは?
 ” 銀行からみた企業の格付けとは?電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 銀行からみた企業の格付けとは?
” 銀行からみた企業の格付けとは? ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top