銀行融資の提出すべき書類とは

銀行員が欲しがる4つの書類は以下のようなものです。

■決算書

お金の貸し出しにおいては、経営状況が客観的に把握出来るので、もちろんこれは真っ先に見たがりますよね。

■直近の試算表

銀行で申し込むなら、出来るなら前月末までの分を。

銀行は毎日お金の動きを集計していて試算表は支店長のところに翌朝8時に届くくらい徹底しています。

そう「毎日決算」なのです。

そんな体質のところへ提出するのですから、もし2ヶ月も遅れている試算表を出したなら「この会社どんな管理してるんだ!」となるかもしれませんね。

■過去3ヵ月の資金繰り実績表と今後3ヵ月の資金繰り予定表

これまたキャッシュの動きがわかるので銀行では必須ですよね。

借りる予定がある場合は、その提出先とは違う他の銀行の名前は入れてはいけません。

それは刺激するだけで良いことはありません。

「そこが貸してくれなかったらどうするんだ?」としか思わない銀行員もいますしね。

■今の借入状況の一覧表

先ほどの事項と矛盾しているように聞こえるかも知れませんが、貸し出しに関して自行のシェアがどれくらいになっているのかを知りたいのです。

長くお付き合いしたい、と思ってくれているクライアントなら、それを元に当行のシェアを上げるために次にどういう手を打ったらいいのかを考えやすくなりますので。

★以上、が提出すべき4つの書類でした。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 銀行融資の提出すべき書類とは
 ” 銀行融資の提出すべき書類とは電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 銀行融資の提出すべき書類とは
” 銀行融資の提出すべき書類とは ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top