融資の要件

メガバンクにかかわらず、銀行の営業担当者には様々なノルマがあります。

定期預金や定期積金だけでなく、生命保険や損害保険や福利厚生会員への勧誘など毎月キャンペーンと銘打って目標数字が課せられるのです。

たいていは銀行の上層部の勝手な意向で決められてしまいますので(当り前ですが)、お客さんのニーズに合ってるかというとそんなこともありません。

そんなことがあって、自分が人間関係が出来ていて親しくしているお客さんに「すみません、助けてもらえまえんか?」みたいな「拝み倒し」みたいなことをする営業マンは非常に多く、貸し出しする際の交換条件にしてしまうような営業マンも出てきます。

実際はそんなことは無いのですが「協力してもらえないと融資しないかも」という雰囲気を作って契約してしまうのです。

まあ「脅し」みたいなもんですね。

でもそんなことに協力したって、その担当者の成績になるだけで(いわば賞与に影響するだけで)、その企業には何の得もありません。
人の良い代表に限って10年も20年もいろんなものに入らされてるのが現状です。

借り入れを受けやすくなることは一切無いにもかかわらず。

いくら協力しても、いくら取引歴が長くても、直近の業績が悪過ぎると判断すれば容赦なく断われてしまいます。

ちなみに、大手銀行(メガバンク)は年商10億以下の企業には力が入らない(個人的な業績にならない)ので要注意です。

年商10億以下の企業は早めに信用金庫か信用組合にメインバンクを変えてしまいましょう。

そして、保険などの勧誘には一切乗らないようにしましょう。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 融資の要件
 ” 融資の要件電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 融資の要件
” 融資の要件 ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top