銀行融資で大事なのは

会社経営を行う経営者が最も苦慮するのが事業資金の確保です。

特に株式を公開しておらず、増資などの資金調達手段を有していない中小企業の場合は、銀行などの金融機関からの融資が事業資金確保の生命線となります。

しかし、銀行もどのような企業にでもお金を貸してくれるというわけではありません。

銀行も事業として融資を行っていますので、貸し倒れが発生するリスクが高い企業には融資を行ってくれないのです。

そのため、特に赤字経営が続いているような企業や、キャッシュフローが安定していないような企業は、銀行から融資を引き出すためにはそれなりの努力とノウハウが必要となります。

銀行から借り入れを円滑に行えるかどうかは、融資の申し込み後に銀行によって実施される審査時に、どれだけ企業の潜在能力をアピールできるかにかかっています。

アピールをしてもしなくても結果は変わらないと思われがちですが、実際には少し工夫をするだけで銀行の審査担当者が受ける心象は大きく変化し、結果が大きく変わるケースもあります。

従って、中小企業・零細企業の資金調達の担当者は、銀行の心象を良くするために出来る事は何でもしておくべきなのです。

例えば、その代表例は企業の事業計画書の作り込みです。銀行の審査担当者が最も重視するのは、その企業の将来性であり、その将来性の判断を行うための重要なツールが事業計画書となります。

事業計画書がいい加減な作りとなっていると、銀行の審査担当者はその企業が本気で収益をあげようと考えていないと判断し融資を謝絶する事もあります。

逆に、多少ビジネスの将来性に不確定要素があるような場合であっても、事業計画書が熱意を持って作られており、実現に向けて企業が全力を尽くす姿勢が計画書の中に示されていれば、銀行はその熱意を買って融資を行うという判断を下すこともあるのです。

また、審査担当者からの質問に対し、迅速かつ丁寧に回答する姿勢も大切です。

銀行の審査担当者は全てのビジネスに精通しているわけではないので、時に基本的な質問をしてくる事もあります。このような質問を無碍に扱うのではなく、相手の立場にたって丁寧に答えていると、銀行との間に信頼関係が生まれ、結果として良い結果が得られる事もあるのです。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 銀行融資で大事なのは
 ” 銀行融資で大事なのは電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 銀行融資で大事なのは
” 銀行融資で大事なのは ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top