事業融資においては・・・

融資をを考えている会社経営者や個人事業主、自営業者など事業者の方を対象に幅広い融資情報を提供します。

事業資金の調達には、さまざまな方法があります。
調達金額、期間、金利、担保の有無など、事業者ローンを検討する際に役立つ情報をお知らせします。

資金調達について、方法は大きく分けて2つあります。
資本による調達と負債による調達です。

負債による事業資金の調達もさまざまあり、銀行からの借り入れやリース、経費決済のクレジットカード、売掛債権流動化などがあげられます。

都道府県や市町村でもいろいろな融資制度があるので、まず融資制度についての情報を集めてみましょう。

事業者のみなさまは、融資の頼み先ときいて、まずどこを思い浮かべるでしょうか。
多くの方が銀行や信用金庫などの一般の金融機関を考えるでしょう。

しかし、実際は銀行や信用金庫は過去経営指標や取引実績などを審査対象としているので、新規開業する方や開業間もない中小企業にとっては、銀行に融資の申し込みをしても、すぐにお金を借り入れるのはなかなか難しいのが現状です。

そこで心強い味方となってくるのが、公的融資という公的期間からの資金調達です。
創業向けとしては、新創業融資制度(日本政策金融公庫 国民生活事業)、中小企業経営力強化資金(日本政策金融公庫 中小企業事業・国民生活事業)、女性、若者、シニア企業家資金(日本政策金融公庫 国民生活事業)、創業等関連保証(信用保証協会)などがあります。

無担保無保証としては、経営改善貸付(商工会議所へ申し込み 日本政策金融公庫 国民生活事業)、第三者保証人などを不要とする融資(日本政策記入公庫 国民生活事業)、小規模企業資金(信用保証協会)などがあります。

新規事業借り入れとしては、新事業活動促進資金(日本政策金融公庫 国民生活事業)、企業活力強化資金(日本政策金融公庫 国民生活事業)、新事業育成資金(日本政策金融公庫 中小企業事業)などがあります。

売り上げが減少しているときは、セーフティーネット貸付(銀行別、日本政策金融公庫、信用保証協会)などがあります。

今後の資金調達のポイントは低コストで手間をかけずに事業資金を調達することに尽きないのではないでしょうか。また、ときに応じては民間などの事業者ローンを活用するなど、時と場合によって柔軟な対応をすることが不可欠です。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 事業融資においては・・・
 ” 事業融資においては・・・電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 事業融資においては・・・
” 事業融資においては・・・ ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top