事業資金の借り入れで!?

法人や個人事業主が、会社を経営をまわしていくための事業資金の借り入れ先となると、銀行から融資を受けるというイメージがありますが、審査の厳しい銀行にかわって消費者金融でも商品として事業性のあるローンを取り扱っている会社もあるのです。

ただし、消費者金融となると総量規制があります。総量規制は2010年6月の貸金業法改正のときに導入されたもので、さまざまな規制がここでされているのですが、ローンの利用者にとくに関係がある規制としては年収の3分の1以下までしかお金を借りることができなくなってしまったことです。

これは、消費者金融1社で年収の3分の1以下ではなく、取引しているすべての貸金業者合わせての借入金額が年収の3分の1以下までとなります。

会社の事業資金にお金を使うのであれば、年収の3分の1以下までしかお金を借りることができないとなると、少額の融資しか受けられないことになります。

それでは、会社をうまくまわしていくことができなくなってしまうこともあるのです。ところが、総量規制には例外規定があります。

事業性を目的とする借り入れであれば、年収の3分の1以上の融資も検討してもらうことができるのです。

また、銀行にはなく消費者金融ならではの事業性ローンの特徴としては、無担保でも融資をしてもらえることにあります。
また、保証人も不要です。
これは、個人事業主の方の場合です。

法人での借入の場合は、代表者の方の連帯保証が原則必要となります。
また、銀行にはない特徴としてはスピード融資にあります。
電話やインターネットから申込をして当日融資をしてもらうこともできるのです。

申込に必要な書類も簡単で、確定申告書と運転免許証などの本人確認書類があれば申し込みをすることができます。

法人で申込みをする場合には、決算書2期分が大抵必要になり、商業登記簿謄本や代表者の本人確認書類も必要となります。
あらかじめ書類がそろっているのであれば審査が完了次第、銀行振り込みで融資を受けることができます。

ただし、無担保ですので限度額があまり大きくないですが、不動産を担保とすることで大きい限度額を借り入れできる商品を取り扱っている会社もあります。

ただし・・・
消費者金融などから事業性ローンを借りる場合は、低金利の日本政策金融公庫や信用保証協会がダメだった時のみです。
そして、半年もあれば完済出来る自信のある時だけです。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 事業資金の借り入れで!?
 ” 事業資金の借り入れで!?電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 事業資金の借り入れで!?
” 事業資金の借り入れで!? ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top