事業融資を考える際に

事業融資は基本的に銀行です。

銀行は金利が低いですから、利息が少なく済みます。
利息が少なくなるということは、返済負担が小さくなるということです。
返済負担が小さいわけですから、事業融資向けと言えます。

銀行はとても良い金融機関ではありますが、デメリットもあります。
銀行は審査が厳しいです。
事業資金となると大きな金額になるわけですから、それだけ審査も厳しくなります。

事業成績の良い企業であれば、わりと簡単に事業融資は通るでしょう。
ですが、現在は不景気です。
事業成績の良い企業のほうが少なくなっています。

銀行から事業融資を受けることができないという企業が多くあります。
とくに個人事業者は不景気の影響を受けていると思います。

銀行で融資を受けることができないという方は消費者金融のキャッシングや信販会社のフリーローンを利用する他はありません。

消費者金融や信販会社は審査が甘い傾向にあります。
事業成績が悪い場合でも審査に通ります。

通常のキャッシングやフリーローンは個人向けですが、個人事業者向けのローンもあります。
個人事業者向けのローンは個人向けよりも利用限度額が高いです。

キャッシングやフリーローンは小口融資というイメージですが、それなりの金額を借りれます。
消費者金融を利用するなら、大手を選びましょう。
大手の消費者金融は銀行と提携していますから、サービスが悪いということはありません。
大手の消費者金融と言っても、銀行よりも甘い傾向です。

大手だから厳しいということはありません。消費者金融はネットが主流です。24時間利用が可能ですから、忙しいという方でも利用できます。

まずは事業融資として利用したい消費者金融を探してください。
紹介サイトを検索しても良いですが、公式ホームページもよく読みましょう。

公式ホームページでは利用内容や契約内容まで確認できます。
融資診断サービスというものがあるので、借り入れが可能かどうかは数十秒でわかります。ホームページから申込み可能ですが、事業者の方は必要書類が多くなります。
必要書類はメールで送信できますし、難しいということはまったくありません。

事業融資なら、最低でも消費者金融が良いです。ソフト闇金は審査に通りやすいですが、リスクがあります。

しかし・・・
あくまで、消費者金融を含めたノンバンクは事業融資の最終手段ということで考えといてください!

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 事業融資を考える際に
 ” 事業融資を考える際に電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 事業融資を考える際に
” 事業融資を考える際に ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top