ビジネスローン

事業資金は、銀行のビジネスローンでの借り入れが可能です。

しかし銀行の審査は厳しく、受けても融資してもらえるかどうかは分かりません。

その上、審査結果が出るまでに数日ほど要するため、すぐに事業資金が必要という場合、間に合わないこともあります。

結果が出るまで何とか待っても、落とされてしまって、結局融資を受けられないということもあります。

日数の余裕があればまだ良いのですが、どうしてもすぐに事業資金を手に入れたいという場合や、審査で落とされるわけにはいかないという場合には、ノンバンク系のビジネスローンを利用すると良いです。

ノンバンク系とは、銀行以外の金融機関、簡単に言えば消費者金融などのことです。
消費者金融のビジネスローンは、審査結果がスピーディに出る上、通りやすいのです。

もともと消費者金融は、即日融資が可能だったり、フリーターでも借り入れできたりと、手軽に利用できる点がメリットの金融機関です。

これは個人向けの融資の場合ですが、事業資金の融資でも、やはり同じなのです。
消費者金融にもよりますが、即日融資を可能としていますし、銀行のビジネスローンの審査で落ちた人でも通ることのできる場合も多いです。

そして、事業資金としての借り入れの場合、総量規制も適用されません。

キャッシングの場合は、消費者金融では年収の3分の1が借り入れの上限金額とされているのですが、事業資金の場合は年収の3分の1以上でも借り入れが可能なのです。

ただし、事業資金としての借り入れということを証明するための書類の準備が必要です。
具体的には、事業計画書や資金計画書や収支計画書などです。

これらを準備して申し込みの際に提出することで、生活費のための借り入れではないと認められ、総量規制に縛られない金額の借り入れが可能になります。

何円まで融資してもらえるかは、消費者金融によって異なります。ビジネスローンの場合は、キャッシングよりも高めとなっていますが、それでも500万円から1000万円ほどのことが多いです。

銀行のビジネスローンの場合は5000万円ほど融資してもらえることもあるため、その点も考慮した上で、どこから借りるかを決める必要があります。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” ビジネスローン
 ” ビジネスローン電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” ビジネスローン
” ビジネスローン ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top