資金調達

経営者の重要な仕事の1つに、資金調達があります。

なぜ、重要な仕事かというと、資金が調達できなければ経営に支障をきたすからです。

新たな事業を展開させようとしても、今の資金ではできない場合がありますし、また、経営状態が良くなければ、資金を調達しないと経営が立ち行かない場合もあります。

そして、資金調達自体が非常に困難であることも重要な仕事である理由となっています。

資金の調達方法は、大きく分けて2つあります。

1つは社債や株式の発行、もう1つは、借り入れです。

社債や株式の発行での資金調達は、余程大きな企業でない限り困難、あるいは有効ではないと言えるでしょう。

従って、多くの場合、資金調達は借り入れによって行われています。

ただ、資金調達というのは、未来の経営に対して行うことです。

経営に限らず、未来のことは誰にも予測できないものです。

ですから、そう易々とは融資してくれないものなのです。

従って、資金調達は困難なのです。

これが、バブル期でしたら話は違っていましたが、先行きが不透明な現代では、簡単には借り入れできない状況となっています。

但し、担保が用意できれば、比較的、資金調達は可能だと言えるでしょう。未来のことは約束できませんが、約束できない代わりとして何かしら差し出すものがあれば、融資する側も融資しやすくなります。

しかし、未来のことが予測できないのは、借り入れする側も同じです。

いくら、しっかりとした計画性があり、十分、意欲があったとしても、失敗する可能性はあります。

ですから、担保を用意するということは、非常にリスクが高いことなのです。

ただ、こんなご時勢でも、担保なしで融資してくれるところがあります。

例えば消費者金融です。

消費者金融では個人向け融資、カードローンを行っています。

カードローンは使途自由、つまり、借りたお金の使い道は問われないというのが特徴です。

但し、多くのカードローンは、事業資金にすることだけは禁止しています。

しかし、中には、事業資金にすることを禁止していないカードローンもあります。

また、通常のカードローンでは事業資金にすることは禁止していても、それとは別に、事業資金にすることを目的としたローンを用意している消費者金融もあります。

そのローンも担保は不要です。

ただ、いずれにせよ担保が不要な分、金利は高く設定してあります。その点は留意する必要があります。

何回も言うようですが消費者金融などは最終手段であることを心得といてください。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 資金調達
 ” 資金調達電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 資金調達
” 資金調達 ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top