個人事業主の融資は

個人事業主にとって融資は欠かせないものです。

1番最初の選択肢としたいのは日本政策金融公庫からの借り入れです。

日本政策金融公庫は、銀行などに比べて一般的に金利が安く、また事業の規模を問わず借りれる利点があります。

しかし税金の滞納などある場合は借り入れが非常に難しくなりますので注意をしましょう。

次に選択したいのは地方銀行からの借り入れです。

大きな銀行よりも地域に密着したものの方が借り入れの難易度が低くなります。また、預貯金をその銀行でしていればなお良いでしょう。

長い付き合いをしていくことによって信頼関係を築き、銀行側からより良いプランを提案してくれることもあります。

ある程度の規模の企業でしたら大きな銀行からの借り入れを検討しましょう。

取引銀行の規模で、企業の信頼性をアピール出来るのが大きなメリットです。しかしその場合、数年にわたって黒字決算であること、税金の遅滞がないことなどが必要となって来ます。

担当者と申し込み前に打ち合わせをし内容を確認しておくことが肝心です。そこで融資を受けられるかどうかで今後事業資金がさらに借りやすくなったり信用を得られるようになったりしますので、綿密に打ち合わせをし本申し込み前にある程度確信を得てから話を進めるようにしたいものです。

事業がうまくいかず融資を受けることが難しい場合、取引先からの融資を受けるという手立1てもあります。特に小さな個人事業の場合、大きな親受け企業が融資をして事業を展開していくことも多くあります。

そのためには普段からの仕事の納品、対応で信頼関係を築いておくことが大切です。

間違っても危険な業者に事業資金を提供してもらってはいけません。必ず事前に、都道府県の認可番号から正規の業者であることを確認するようにしましょう。

認可されて5年以上でしたらまず安全ですが、3年、2年など期間が短い場合、問題を過去に起こして再登録している場合がありますので慎重になった方が良いでしょう。

個人事業主の場合、一度信頼関係を失うと大きな損失となり生命取りになります。よい融資先を見つけることは事業価値を高めますがその反対もしかり、評判を落としますので、十分吟味して利用するように心がけたいものです。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 個人事業主の融資は
 ” 個人事業主の融資は電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 個人事業主の融資は
” 個人事業主の融資は ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top