融資を銀行から

事業を始める場合には、事業の規模にもよりますが自己資金と共に銀行などの金融機関から借り入れをすることが一般的でしょう。

特に利率や融資の期間などの面で有利なのが銀行や信用金庫ですが、審査が一番厳しいのも銀行や信用金庫になります。

それでも、最近では低金利が続き、銀行も融資に柔軟な姿勢を示すことも多くなっていますので、事業資金の融資も以前に比べると受けやすくなっています。

これらの銀行から事業資金をスムーズに借り入れるには、どういった事項を審査の対象にしているかを念頭に交渉するのが得策です。

銀行などでは、審査の対象になる事項と、それぞれの事項にどの程度の重点を置くかを予め内規などで決めています。

典型的な審査事項は、事業内容と借りる人のそれまでの経歴、事業内容に関連する職務経験などの、事業や借りる人に関する事項と、その時点での景気や今後の金利動向の予測がその事業に有利かどうかといった事業自体の需要の面があります。

前者の中には、借り入れをする人の属性を含めている銀行も多いのが現実です。

性別や年齢、既婚か未婚かなどは、本来借り入れとは関係ないとも言えそうですが、貸す側としては万一返済が滞ったときに雲隠れなどをする人を出来るだけ避けて融資したいという本音があります。

また、金額が大きければ返済期間が長くなることが多いので、年齢的にどのくらいまで続けられる事業内容か、といったことも審査の対象項目になることもあります。

その他に重要な点が他の銀行からの借り入れや返済履歴です。住宅ローンのように、きちんと返済している限りそれほどマイナスにならないものもある一方で、複数の消費者金融などからの借り入れがある場合には、マイナスになる場合が多くなります。

したがって、スムーズに銀行などから事業資金の融資を受けたい場合には、事業計画書や返済プランの提出にあたって、十分返していける事業であり、自分にその業務の経験や資格などがあること、年齢的に無理がないことなどをアピールすると良いでしょう。

また、他に複数の消費者金融などからの借り入れがある場合には、まずこれらを返済するなり一本化するなりしてから事業資金の融資を申し込む方が賢明と言えます。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 融資を銀行から
 ” 融資を銀行から電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 融資を銀行から
” 融資を銀行から ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top