事業融資のちょっとした事例

以下はご相談にみえた方の事例です。

私は25歳で個人事業主となりました。
運営内容は音楽教室の運営です。
開業にかかった費用は2000万円ほどです。

今回はこの私の経験を例に、事業資金を借り入れるための融資制度を分かりやすく見ていきましょう。

知っておきたい事業融資の制度があります。
それは、保証人や担保がいらずに借り入れできる金融会社があります。
もちろんこれは、話し合いのもとで決められることです。
この事業融資の制度のおかげで、私のような若者が事業を興すハードルが一段階下げられます。

さて、では本題に入りましょう。
事業資金を借り入れる(事業融資)ための手順です。

まずはご希望の金融会社へ行きましょう。
私はインターネットで調べて一番有名そうな会社を選びました。

希望の企業が決まったらあらかじめ電話で持っていくものを聞いておくとスムーズです。
大抵は、事業をその後(2年分くらい)どのように繁栄させていくか、そのためにいくらかかるか、などが記されたものが必要になります。

私は開業前に資金を借り入れる必要がある事ととにかく節約しなければいけなかった為、ワープロで自分で書類を作成しました。

事業融資の書類は専門のプロに依頼して作ってもらう事も出来ます。
既に忙しい企業はプロに依頼した方が人件費を抑えられるので、お勧めです。
あとは事業が何を行っている事業なのかも明記しておきましょう。

公式ホームページで必要な書類がダウンロードできる企業もあるため、チェックしていきましょう。

その後面談で、提出した書類をもとに詳細を話し合います。
ポイントは、融資された資金にいかに必要性があるか、そして結果をどれくらい導き出せるかという見通しを詳しく説明できる事です。

夢を語る場ではありませんので、至極現実的な眼で見ることが大切です。

私の場合は月に何人の生徒が呼び込めるか、何円のコースを勧めるか、どの楽譜が何冊必要になるか、など本当に細かいところに焦点を絞り掘り下げました。

融資しても大丈夫な事業だと判断されると、事業に書類が届きますので、必要事項を記入して提出すれば約2週間でお金を受け取る事ができます。

私は16日で借り入れする(事業融資を受ける)事ができました。
今回私が事業融資として借り入れした額は、手持ちの資金もあった為700万円程度です。

印象としては、思ったよりも簡単に大金を借り入れる事ができたという印象です。
現在は全額返済し事業も軌道に乗っています。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

 ” 事業融資のちょっとした事例
 ” 事業融資のちょっとした事例電話相談
全国対応融資サポートセンターへの電話相談
時間外融資相談
メールフォームで融資相談
 ” 事業融資のちょっとした事例
” 事業融資のちょっとした事例 ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top