12月, 2014年

銀行から事業資金を借りる際に

2014-12-21

借入や融資により事業資金の運用を行う事は、会社にとってはとても重要な事であり、特に多くの企業はなかなか経営も厳しい状況が続いている為、少しでも安定的に業績を落ち着かせる為には、やはり投資などを行ったりする事が多く、借り入れなどで、資金を借りて企業経営を行っていく流れもある様です。

その為にはやはり少しでも安い金利での利用は必須となりますが、銀行や消費者金融業者と言った所も、やはり借り入れを行う企業に対して審査を行い、審査に通らなければ融資が出来ない状況となったりします。

そこを踏まえて考えるとやはり事業資金のあり方をしっかりと考えながらやりとりを行う事が求められる訳であり、その流れをしっかりと掴みながら取引を行う事はとても重要なポイントとなっていきます。

その事を踏まえて考えて、法人ではやはり、お金のやり繰りを実際に事業資金の運用として、優れた経理の方に託したりする訳ですが、そこを考えて費用の面を抑えたりする事もやはり重要であり、借り入れや融資に関してはそこで銀行や消費者金融業者からのお金を借りる事となれば、その業者事に金利も違ったりサービスも違いがある事から、少しでも有利なお金の借り入れや融資を受ける方向を考える必要があります。

事業資金のあり方を考えるとやはり、色々と見えてくる所も多くなりますが、まずは借り入れを安定的に出来る様にする為には、複数の消費者金融業者や銀行を登録して置く必要があります。

その何処からでも融資が受けれる状態となっていれば、事業資金として困った情況にあったとしても助けてもらう事は出来る様です。

何時そう言った事になるかがわからない状況であれば、尚の事しっかりと消費者金融業者や銀行などの金融機関との取引をハッキリと行える状況を作る事が求められます。それが出来れば特に融資やお金の借り入れを考える時に、断られる事も考慮しながら、事業資金不足に備えておく必要があります。

安定的な経営を行っている企業にとっては、事業資金の不足に陥る事も随分と減ってくる事であり、融資や借り入れの問題に関しても楽な考えを持てる様ですが、ギリギリの所で運営している企業にとってはしっかりと考える所となります。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

事業資金の必要性を考えると

2014-12-21

事業融資や借り入れに関しては、銀行や消費者金融業者に委託する事となりますが、それぞれに金利も違っていて、借り入れを行う方としてはしっかりと利息分まで考えながらお金を借りる方向を考えると良いでしょう。

そのあたりは事業融資を受ける企業としても、経費を出来るだけ抑えながら経営を行う事がとても有利であり、その有利な条件での取引を行う為には、やはり金利の部分を出来るだけ軽減出来る事が大きな事であり、それぞれに安い金融業者に借り入れを行う為には、銀行や消費者金融業者などをしっかりとインターネットのホームページなどで考えながら、しっかりと処理を行う事がとても大切な事となります。

それぞれに事業融資を受ける企業にとっては、当然信用があるかどうかでお金を借りる事が出来ますが、もし事業資金をしっかりと借りる事となると、そこではやはりちゃんとして金融業者で与信として安心して取引が出来る状況かどうかを判断される事となります。

企業としても少しでも利益を上げる為に努力をする事は当然の事ですが、そこにはやはり資金力が当然必要な事であり、事業融資もしっかりとした借り入れを行える状況を判断していく事がとっても重要な流れとなります。

お金はそれだけ会社を安定させる為に必要な事が多く、事業融資を簡単に行える所を複数社探して行くことがやはり借り入れを速やかに行う為にはとても重要となります。

それだけ、事業融資も断られてしまうと、他者などの状況を把握して置く事で、何かあっても素早く行える事となっていく事で、やはり借り入れに関しては銀行側も借り入れを行う業者もとても慎重な取引が必要な状況である事は間違いありません。

事業融資された資金の運用に関しては、企業側がしっかりと利益を出す為に材料を購入したり、加工したり、賃金の支払いを行ったりする事で、使うお金となっていて、金融業者などでの融資はやはり、困った時には助けてもらう事が出来る流れとなります。

事業融資の必要性をしっかりと考えながら取引を行う事となりますが、借り入れなどの融資も利息を考えて少しでも安い銀行や消費者金融業者を見つけて事業融資するのは良い事と言えます。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

金融機関の傾向

2014-12-19

事業資金の融資についての話題が大きく取り上げられています。

それは、読んで字のごとく、事業をしていくために必要な資金であり、主に中小零細企業や個人事業経営者などが利用する場合が多いといわれています。

銀行をはじめとした金融機関からの借り入れになるといえます。

上場企業であれば、株式市場などからの資金供給が期待できますが、中小零細企業や個人事業では自身で、融通しなければならないとされます。

昨今においての、融資の話題が盛り上がりをみせる背景には、いわゆるアベノミクス効果により、景気回復の流れが鮮明になってきており、企業に前向きな展開を行う気運が高まりを見せている点があるといわれています。

また、銀行などの金融機関においても、景気回復局面においては、融資には積極的になるといわれています。

今般の景気回復局面入りは、いわゆるリーマンショック以降に冷え込んでいる日本経済を大きく刺激するかたちとなっており、大きな飛躍が期待されています。

日本政府においても、日本銀行や経済産業界と連携して、今般の景気回復を下支えしているとされており、その効果も徐々にあらわれはじめています。

定期的に発表される経済指標においても、消費増税によるもたつきはあるものの、日本経済の好調さは確認できています。

日本では、今、高齢化社会の到来により、さまざまな変化がおこっているといわれています。
日本市場においても、その動きは如実にあらわれています。

日本では、全人口に占める高齢者の割合は大きく、高齢者の意向は無視できなくなってきています。

言い換えれば、高齢者に受け入れられれば、成功の確率が高まるということです。

さまざまな商品やサービスを展開していくうえで、高齢者の存在が意識されはじめています。

また、インターネット社会の到来により、自宅にいながらにして、さまざまな情報を入手できるようになってきました。

たいへん、利便性に富んだ時代になったということができます。

口コミ情報サイトでは、実際の体験者の感想が大いに参考になるといわれています。むろん、融資を受ければ、返済もついてまわってきます。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

事業融資の申し込みが増えている

2014-12-19

借り入れ需要が増してきているといわれています。

これほどの話題の高まりには、昨今の景気回復基調が寄与しているものといわれています。

人々の景気浮揚に対する意識が高揚感をにつながっていると考えられます。

銀行や信販会社などの金融機関の存在感が大きくなっています。

その動きの中でも、事業資金にまつわる申し込みや問い合わせが多いといいます。

個人の遊興費などに関するフリーローンと違い、事業資金に関するローンでは、その使途目的が明確である点が特徴といえます。

金利も若干低く設定されるケースが多く、経営者の強い味方であるともてはやされています。

事業をするにあたり、設備投資や備品の購入などに充てるケースが多いといいます。

むろん、借り入れにあたり、厳しい審査があるのはいうまでもない事実であるといえます。

審査する金融機関には、事業の内容や事業の規模、売り上げの予測などを提出しなければいけないといわれています。

数十年の営業実績を持つ会社であれば、比較的に信用は高いといえますが、設立後間もない企業であれば、当然、金融機関も慎重になるといえます。

審査の結果、晴れて融資が受けられることになったとしても、返済があります。
その返済にあたっては、基本的には金利が付加されていくものであり、万一、遅延するなどすれば、遅延損害金も支払わなければいけないとされています。

一般的には、事業資金の遅延に対しては、金融機関も早めのに対応するとしており、個々の契約内容にもよりますが、一括返済を迫られるケースもあるといわれています。

加えて、社会的な信用も失うことになり、その後の事業活動にも大きく影響を及ぼしてしまうこともあるといわれています。

中小零細企業の資金繰りは、一度、つまずくとそのたて直しには、多くの労力をようするとされますので、経営者のかじ取りが重要であるといえます。

今般のインターネット社会の到来により、さまざまな情報を入手できるようになってきました。
借り入れの情報も指一本で見ることができます。とても利便性に富んだ時代になったということができます。口コミサイトでは、実際の融資借り入れを受けた人の体験談を見ることができます。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

女性の起業家への銀行の融資

2014-12-16

女性の活躍が目を見張るものになってきたといわれています。

以前では考えらないほどの活躍ぶりであるといえます。
女性がこれだけ大きく注目される背景には、今般の自民党政権下における政策の推進の効果もあるといわれています。

女性が輝く社会の実現を声高に唱えることにより、社会全体にもその気運が生まれてきているのは事実であります。
主要閣僚にも多くの女性を抜てきし、その手腕には大きな注目が集まっています。

実際の現場においても、女性の活躍が目立ち始めています。
むろん、女性の活躍を後押しする貸し出しをする銀行があるのも事実です。

そのような動きの中で、起業をする女性も急増しているといわれています。
昨今においては、以前とは異なり、比較的、起業はしやすくなっているといいます。
起業のための貸し出しをしてくれるようになったからです。

資本金の確保などの高いハードルはなくなっており、やる気さえあれば、起業が可能な社会になっています。
女性の起業セミナーなどが、あちこちで行われており、話題になっています。出産・育児のために、退職を余儀なくされた女性の潜在能力を発揮すべく、盛んに行われています。

そんな中において、女性が起業をするにあたり、事業規模には違いがあるとはいえますが、事業資金の融資のニーズにこたえる銀行の存在もクローズアップされています。

今まで、消費者金融やクレジット会社などからの借り入れはしたことがある人は多くいますが、銀行からのまとまった融資は初めてであるという人も多いといいます。

しかしながら、借り入れの際に行われる審査では、その事業内容の将来性や収益性などを総合的に判断されるので、初めてであることは心配いらないといわれています。

融資が決まり、実際に、起業が実現すれば、経営者としての仕事が待っているといえます。
今般では、いろいろな情報を簡単に入手できるようになってきました。

インターネット社会の到来が寄与しているものといわれています。
女性の活躍に関する話題もボタン一つで見ることができます。

たいへん、便利な時代になったということができます。
銀行からの借り入れを受けることにより、返済の必要もありますので、気合いが入るといいます。これからも女性の活躍から目が離せません。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

事業融資の審査の前に

2014-12-16

バブル期の頃は、たとえ零細企業の経営者や個人事業主であったとしても、割と簡単に銀行から事業資金を借り入れることができました。いわゆる事業融資です。

今から考えるとまるで嘘のように景気が良かったですから「借金も財産のうち」などという言葉がごく当たり前のように使われていました。

銀行の担当者も企業にセッセと事業融資として貸し付けるようにしないと融資ノルマを果たすことができないという事情があり、かなりいい加減な審査で貸し出しを実行していました。

しかし、バブルの崩壊とともに事情が一変しました。多くの銀行が不良債権を抱え込み、その後始末のために苦労するようになったのです。
株主総会で株主から経営責任を追求され、退陣に追い込まれた経営者も数多く存在しました。

そのような状況を背景にして、貸し渋りが発生しました。
上場企業などであればいざ知らず、安定的な経営状態を維持している中小企業でさえ銀行から容易に事業資金を借り入れる、資金を受けることができなくなってしまった結果、零細企業の経営者や個人事業主などはほとんど門前払い同様の扱いを受けるようになってしまいました。

その状況は、中小・零細企業に特化して資金を貸し付けている信用金庫の場合でも、全く変わりありません。

ですので、零細企業経営者や個人事業主は、民間の金融機関からは事業融資を受けられなくなっているのが実情です。

しかし、全く方法が残されていないわけではありません。1つだけ、とても良い方法が残されています。

それは、日本政策金融公庫を利用するという方法です。
日本政策金融公庫は、あまり条件が良くないと思われがちな零細企業経営者や個人事業主に対しても、事業融資を行っています。

なぜかというと、日本政策金融公庫は、民間金融機関の補完を旨として運営されている公的金融機関であるからです。

具体的な適用金利は、担保や保証人の有無、返済期間などによって変わってきます。

しかし、消費者金融などを利用する場合に比べると格段に低金利になっています。それでいて、無担保・無保証人でも融資をうけられる可能性があるわけですから、かなり有利です。事業融資の申し込み手続きはそれほど複雑ではありませんし、審査も迅速に行われるようになっていますので、困った時には頼りにすることができます。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

ビジネスローンで個人事業の借入?

2014-12-14

個人で事業展開している場合、急な仕事の依頼で借り入れが必要になるケースがしばしばあります。

急な借り入れとは、建築会社であれば機械購入資金であったり、不動産会社であれば優良物件の購入資金であったり様々です。大型の事業依頼であればあるほど、事業資金が不足しているという理由で商機を逃すのは残念なことです。

そうかといって、銀行に融資を頼んでも「事業規模が小さすぎる」などの理由で断られてしまうこともあります。

そんな時に備えて、最短3日で2000万円程度の借り入れが何度でも利用できるカードを用意しておくと安心です。

これは、土地や建物などの不動産を担保にして作るローンカード(ビジネスローン)のことです。

このカードを一度作っておくと、借り入れの度に書類の提出などの煩雑な手続きを省略できるので便利です。

限度額以内であれば何度も繰り返し融資を受けられるのもありがたいところです。

申し込みは担保となる不動産の情報をインターネット経由で入力するだけです。ネットなので24時間受付のところが多く、仮審査を通れば最短3日で借り入れが完了です。仮審査に通ってから必要になる書類も、ファックスで送ることができるので、対面での手続きが一切ありません。とにかくスピーディーに現金を受け取ることができるのが利点のひとつです。現金の受け取りがATMで可能というのも便利です。

しかも、担保となる不動産の抵当順位は不問で、使用使途も自由です。ビジネスではスピードがものをいうケースが多いですから、まとまった金額が必要になる際には心強い相棒になってくれます。

2000万円以上1億円までの、さらに大きな借り入れが必要なケースにも対応しており、そのような場合は電話で相談ができるので安心です。フリーダイアルを設置している業者なら、電話料金を心配することなく連絡ができます。個人事業主にとってはまさに必需品ともいえるカードです。

では、実際にカードを作るとして、どこに仮審査を申し込めば良いかは迷いどころです。利息などの条件もケースバイケースなのでじっくり選択したいところです。

ネットではこうしたビジネローンの一括見積サイトがあるので、比較してみるのが賢い方法です。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

銀行で事業資金をはじめて借りる?

2014-12-14

独立して事業を始める時、まずは事業資金が必要となります。

すでに充分な資金があるという場合は融資を受ける必要はありませんが、多くの場合は新規の開業に伴い銀行をはじめとする金融機関から借り入れを受けるのが一般的です。

では、融資を受けるにはどうすれば良いのでしょうか。

まずはじめに融資先としては、民間の金融機関と公的資金の2つあることを理解しておく必要があります。

このうち民間の金融機関といえば、都市銀行及び地方銀行が筆頭に挙げられますが、新規の開業についてこれらの銀行から借り入れを受けることはほぼ不可能でしょう。

しかし、地域に密着した信用金庫や信用組合は可能性があります。
信用金庫や信用組合は、主な目的としてその地域の中小企業に融資するとあります。

そのため、たとえ新規の開業の事業資金であっても借り入れが可能とされることが充分有り得るのです。

なお、信用金庫はその地域内の企業や住民を会員として運営しているため、融資対象は基本的に会員にのみとされていますが、銀行の決めた一定条件に当てはまる場合は会員以外であっても借り入れできることもあります。

信用組合は信用金庫と同じ協同組織の金融機関ですが、業務範囲や会員になるための資格などに制限があるため利用には注意が必要です。

もう1つの融資先である公的資金は、民間の銀行に比べて借り入れがしやすいとされています。

公的資金には、日本政策金融公庫や商工中金のような政府系金融機関と自治体が運営する資金の2つがあります。

政府系金融機関は、政策に沿った事業に対して貸し出すことを旨としているものです。
民間の銀行よりも比較的低金利で借り入れることができることから、人気が高くなっています。

政府系金融機関の中でも、新規開業向けの融資先は国民政策金融公庫です。

国民政策金融公庫は、個人事業主や小規模企業向けに資金を供給する目的に設立された金融機関であることから、比較的容易に借り入れできるとされています。

最後は、自治体が運営する資金です。
これは、都道府県および市町村が金融機関や信用組合と連携して融資を行うものです。

これを利用するには、原則的にその自治体内で開業する必要がありますが、その他自治体が定めた条件やしくみなどに様々な違いがあるため、融資で利用する前には必ず確認が必要です。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

事業融資のちょっとした事例

2014-12-10

以下はご相談にみえた方の事例です。

私は25歳で個人事業主となりました。
運営内容は音楽教室の運営です。
開業にかかった費用は2000万円ほどです。

今回はこの私の経験を例に、事業資金を借り入れるための融資制度を分かりやすく見ていきましょう。

知っておきたい事業融資の制度があります。
それは、保証人や担保がいらずに借り入れできる金融会社があります。
もちろんこれは、話し合いのもとで決められることです。
この事業融資の制度のおかげで、私のような若者が事業を興すハードルが一段階下げられます。

さて、では本題に入りましょう。
事業資金を借り入れる(事業融資)ための手順です。

まずはご希望の金融会社へ行きましょう。
私はインターネットで調べて一番有名そうな会社を選びました。

希望の企業が決まったらあらかじめ電話で持っていくものを聞いておくとスムーズです。
大抵は、事業をその後(2年分くらい)どのように繁栄させていくか、そのためにいくらかかるか、などが記されたものが必要になります。

私は開業前に資金を借り入れる必要がある事ととにかく節約しなければいけなかった為、ワープロで自分で書類を作成しました。

事業融資の書類は専門のプロに依頼して作ってもらう事も出来ます。
既に忙しい企業はプロに依頼した方が人件費を抑えられるので、お勧めです。
あとは事業が何を行っている事業なのかも明記しておきましょう。

公式ホームページで必要な書類がダウンロードできる企業もあるため、チェックしていきましょう。

その後面談で、提出した書類をもとに詳細を話し合います。
ポイントは、融資された資金にいかに必要性があるか、そして結果をどれくらい導き出せるかという見通しを詳しく説明できる事です。

夢を語る場ではありませんので、至極現実的な眼で見ることが大切です。

私の場合は月に何人の生徒が呼び込めるか、何円のコースを勧めるか、どの楽譜が何冊必要になるか、など本当に細かいところに焦点を絞り掘り下げました。

融資しても大丈夫な事業だと判断されると、事業に書類が届きますので、必要事項を記入して提出すれば約2週間でお金を受け取る事ができます。

私は16日で借り入れする(事業融資を受ける)事ができました。
今回私が事業融資として借り入れした額は、手持ちの資金もあった為700万円程度です。

印象としては、思ったよりも簡単に大金を借り入れる事ができたという印象です。
現在は全額返済し事業も軌道に乗っています。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

融資を銀行から

2014-12-10

事業を始める場合には、事業の規模にもよりますが自己資金と共に銀行などの金融機関から借り入れをすることが一般的でしょう。

特に利率や融資の期間などの面で有利なのが銀行や信用金庫ですが、審査が一番厳しいのも銀行や信用金庫になります。

それでも、最近では低金利が続き、銀行も融資に柔軟な姿勢を示すことも多くなっていますので、事業資金の融資も以前に比べると受けやすくなっています。

これらの銀行から事業資金をスムーズに借り入れるには、どういった事項を審査の対象にしているかを念頭に交渉するのが得策です。

銀行などでは、審査の対象になる事項と、それぞれの事項にどの程度の重点を置くかを予め内規などで決めています。

典型的な審査事項は、事業内容と借りる人のそれまでの経歴、事業内容に関連する職務経験などの、事業や借りる人に関する事項と、その時点での景気や今後の金利動向の予測がその事業に有利かどうかといった事業自体の需要の面があります。

前者の中には、借り入れをする人の属性を含めている銀行も多いのが現実です。

性別や年齢、既婚か未婚かなどは、本来借り入れとは関係ないとも言えそうですが、貸す側としては万一返済が滞ったときに雲隠れなどをする人を出来るだけ避けて融資したいという本音があります。

また、金額が大きければ返済期間が長くなることが多いので、年齢的にどのくらいまで続けられる事業内容か、といったことも審査の対象項目になることもあります。

その他に重要な点が他の銀行からの借り入れや返済履歴です。住宅ローンのように、きちんと返済している限りそれほどマイナスにならないものもある一方で、複数の消費者金融などからの借り入れがある場合には、マイナスになる場合が多くなります。

したがって、スムーズに銀行などから事業資金の融資を受けたい場合には、事業計画書や返済プランの提出にあたって、十分返していける事業であり、自分にその業務の経験や資格などがあること、年齢的に無理がないことなどをアピールすると良いでしょう。

また、他に複数の消費者金融などからの借り入れがある場合には、まずこれらを返済するなり一本化するなりしてから事業資金の融資を申し込む方が賢明と言えます。

当社に電話ください。

無料電話相談受け付けていますので。

line713brown

融資サポート料金01

« Older Entries

全国対応融資サポートセンターへの電話相談

メールフォームで融資相談
 ” 2014 ” 12月
” 2014 ” 12月 ”
事業資金の借入のご相談はお任せください

お問合せいただくのは
・大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都を中心とする関西
・東京・神奈川・千葉・埼玉を中心とする関東
の事業資金の借入れ・融資に困ってこられる事業者様が多いですが、
全国どこでも対応しています


Top